会社情報

会社概要

マツシマ林工の事業内容や詳しい情報をご紹介致します。

外観
  • 設立
    昭和22年
  • 資本金
    1000万円
  • 売 上
    平成30年8月期 64億4000万円
  • 事業内容
    製造業
    木造住宅の構造材、羽柄材、合板のプレカット加工及び
    未加工材の販売
  • 営業所:人員(計90名)
    徳島本社工場(37名)
    京都園部工場(33名)
    高松営業所(5名)
    松山営業所(3名)
    四条CADセンター(7名)
    伊丹営業所(5名)

    ※グループ会社 ㈱ウッド・ストラクチャー(20名)
    平成31年3月期売上 21億6000万円
  • 加工販売量(平成30年8月期)
    本社工場 62.487坪/年
    園部工場 65.934坪/年

    ※グループ会社 ㈱ウッド・ストラクチャー(平成31年3月期)
    35.410坪/年

沿革

私たちの歴史

  • 1947年
    国産材専門の製材工場としてスタート
  • 1953年
    旧田宮工場に移転
  • 1961年
    国産材専門の製材工場としてスタート
  • 1967年
    米材(アメリカ、カナダ材)の製材を始める
  • 1968年
    旧田宮工場火災
  • 1972年
    現在の津田に移転
  • 1983年
    マツシマ林工株式会社に組織変更
  • 1994年
    プレカット事業開始
  • 1996年
    伊丹営業所開設 横架材ライン設置(月間3500坪体制に)
  • 1998年
    AQ認証を取得
  • 1999年
    製材工場を閉鎖
  • 2001年
    ISO9002取得(本社工場)
  • 2003年
    マツシマ工業株式会社設立(京都園部工場)
  • 2005年
    四条CADセンター開設
  • 2006年
    9月 マツシマ工業㈱をマツシマ林工㈱へ合併
    12月 株式会社ウッド・ストラクチャーの株式取得、完全子会社化とする
  • 2008年
    ISO9001-2008取得(本社工場、園部工場)
  • 2015年
    本社プレカットトラスストックヤード竣工
  • 2018年
    本社第二工場稼働